コルクコースターが少量の手配でも低コスト!
オリジナルコースターならお任せ下さい!

注意!コルクに印刷すると…

コルクは元々の地の色が強い素材です。下記の写真をご覧下さい。

コルクと紙の違い

左:コルクコースター  右:紙コースター

同じデザインでプリントした物ですが、素材の違いで仕上がりがこんなにハッキリと違います。

紙は実際パソコン上で見て頂いた仕上がり画像の再現率が高いですが、コルクは紙製品ではなく天然素材になりますので、特に薄い色はコルクの色と混じりあってしまいます。
しかし、そこがコルクコースターの最大の味でもありますので、その風合いを是非楽しんで頂けたらと思います。

当工房は、一度製作したデザインをお送りし、画像にて確認して頂きますが、特にコルクは実際の仕上がりとは多少異なる仕上がりになりますので、ご注意頂ければと思います。

UVインクジェット印刷のコルク印刷カラーチャート

コルクコースターの印刷色目についてですが、小ロット生産の場合ですと弊社の印刷方法は
UVインクジェット印刷(ダイレクト)」になり、 コルク素材表面に印刷を直接かけます。
その為、コルク生地と印刷色が混じり合う為に実際に紙で出力するものと色合いが大きく異なってまいります。

そこでお客様のデザイン製作参考になりますよう弊社でカラーチャートを製作致しましたのでデザイン製作のご参考にお願いします。

※UVインクジェット印刷の場合です。シルクスクリーン印刷の時とは発色が異なります。

コルク印刷カラーチャート

(写真をクリックすると拡大いたします)

一番左がコルク印刷で真ん中・右は各種カラーコピー印刷時の色合いになります。

ご覧頂いておりますように、コルクに対しての印刷は実際の色目より少し暗めになるのが特徴です。

特に白やパステル調といった薄い色はコルク生地には負けやすく目立ちにくいので主体色にするのは避けられた方が無難です。

尚、大口案件の場合は「シルクスクリーン印刷」になる場合が多いですが、 そちらとはインクの種類や製法が異なりますので上記は参照になりませんので、ご注意下さい。
寧ろ、シルクの場合はインクを厚く盛る事が出来るので、明るい色目にする事が可能になってくると思います。

実際の印刷を見てみないと不安なお客様は製作するデータをコルク生地に印刷をした校正サンプルをお出しする事も出来ます。
ご注文確定のお客様のみ「1回3,000円(税抜)にて承っておりますのでご注文の際にお申し付け下さい。(UVインクジェット印刷時のみ)
有料確認が難しい場合は実際に弊社が製作をしたコルクコースターのサンプル請求も出来ます。お気軽にお申し付け下さい。
尚、大口案件で「シルクスクリーン印刷」の際は1回のみ校正サンプルを無料でお出ししております。

サンプルコースターについてはこちら --> サンプルコースターのお申し込み

シルクスクリーンプリントはインクを職人で調合します

シルクスクリーンプリントは、データの色目をそのまま印刷するUVインクジェット印刷とは違い、指定されたインクの色目を職人が近い色目に合わせて調合を致します。 データ上の色とは異なりますのでご了承下さい。
色目に拘りがあるお客様は予め「DICカラー」のご指定を頂けると再現度が高くなります。

尚、大口案件で「シルクスクリーン印刷」の際は1回のみ校正サンプルを無料でお出ししております。

このページの上部へ↑